スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by コショウ
 
[スポンサー広告
柚子 vs 薬
20090121125227
アレルギーと結膜炎になって、柚子さんと鬼主に直面した問題。

それは薬。

結膜炎を治す薬であるとこの目薬と、アレルギーを治す薬である錠剤が処方されました。

目薬の方は前の日記でも書きましたが、お医者さんにお手本を見せてもらい、コツを教わったのでほとんど問題なく。
更に何度か点眼しているうちに学習した柚子さんが「目薬イヤーだおっ!」と嫌がり始めたんですが、
「目薬のポチョはいつくるんだお」とばかりに薄目で確認しようと瞬きもしないで見ようとするので、点眼しやすくなるという結果に(笑)
おばかです(・∀・)ニヤニヤ
元々の目がデカいので薄目でも瞼を閉じない限りはとてもやりやすいんですよね。

問題は錠剤の方でした。
最初の日は、ドライフードに水を入れてご飯をあげていたのが原因で「なんか今日のご飯変な味がするんだお」みたいな柚子さん。
錠剤が少し溶けてしまったようです(^_^;)
次の日は水は入れずドライフードの中間あたりに忍ばせてみたんですが、バレました。プッと器の外に吐き出したりされたのです。その後付け足したフードに紛らわせて食べさせました。
さらに翌日。前日の件から、柚子さんは味覚<視覚で判断していると思い、器の一番下に忍ばせてみました。
去年買い換えた器は中が白地になっていたので、白い錠剤が見えなくなるかとやってみたんですが
鬼主の読みが当たったようで、この作戦にしてからは全く気付くことなく柚子さんはもりもり薬ごとフードを食べてくれました~(*^-^*)

歴代使っていた器(シルバー→オレンジ→黄色)で錠剤が発見される率が高かったのはひょっとしたらこれが原因だったのかも…と鬼主やっと気付きました(爆)

嗅覚は鈍い柚子さんですが、視覚は結構ちゃんとしてるのね~(゜▽゜*)
スポンサーサイト
Posted by コショウ
comment:0   trackback:0
[病気履歴]  thema:フレンチブルドッグ★ライフ - genre:ペット
comment
comment posting














 

trackback URL
http://koshou.blog31.fc2.com/tb.php/538-1c827faa
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。